連帯保証人

友人のお父さんが連帯保証人になってしまって困っているそうです。
田舎の人なので連帯保証人が何かもよく分からずに、知り合いの方に
頼まれて書類にハンコを押してしまっていたらしい。
「名前を書いてハンコを押してくれって言われたから。なんにも迷惑は
かけないからって言われたので」って。
よくあるパターンですよね。その時には迷惑をかけないつもりだったのに
事情が変わってしまって迷惑をかけてくるってこと。
結局は借金の取立てが友人のお父さんの方に来てしまったらしい。
金額は100万円。
友人のお父さんに資力はなく、すでに退職もしているのでどこからもお金を借りる宛がなくて。仕方なく息子に泣きついてきたらしい。
友人はまだ社会人になり立てで貯金もあまりなかったので、とりあえず50万円は自分の貯金から支払い、残りは消費者金融のカードローンでローンをしたそうです。
毎月の給料から少しずつ返済はしているものの、なぜ俺がこの50万円を支払わけれがならないのかと、腑に落ちない生活をしているようです。
そりゃあそうでしょうね。私が同じ立場だったらと想像すると気の毒でなりません。
お父さんに連帯保証人になってくれといった知り合いは未だに行方知れずらしい。